表示数曲ずつ

 1  [2]


吹奏楽譜[もっと小編成] 17曲中1曲目から10曲目まで10曲表示中

27のハンガリー民謡より T.
合唱曲からのアレンジで4曲から構成されています。それぞれの個性があり、やりがいのある曲ばかりです。最少で13名から演奏可能です。Percussionは2名で演奏できます。マーチ風、牧歌風、ワルツ風、ギャロップ風という感じですが、コンクール等では選択して演奏も良いかと思います。
セーケイの歌
6つの曲から成り立っている合唱曲からのアレンジですが、それぞれが独立していますので演奏する際は順不同でも良いと思います。また、コンクールなどでは6曲の中から自由に選択して個性的な組合せもできます。技術的には平易で最少10名から演奏可能です。Percussionは最大で3名ですが、Percussion全体オプションですから無くても可能です。音楽的には内容たっぷりですので手応えは充分です。
風変わりな美女
曲はまさに風変わり。どこか脱線しているような滑稽な感じの曲です。全体は4曲から構成されていて、コンクール等では選択して演奏するのも良いと思います。最少人数は13名です。Percussionは3パートありますが、工夫をして2名でも演奏可能です。
歌劇「ツリーモニシャ」序曲
クラシック音楽と、アフリカ系アメリカ人のハーモニーとリズムを結びつけた音楽と言って良いと思います。いわゆる「ラグタイムの王」と言われたジョプリンの作品で、シンコペーションが特徴です。ジャズやポピュラーソングに影響を与えただけあって、ノリのある曲です。最少人数13名で演奏可能です。
5つのイギリス民謡
軽快で美しい1曲目、テナーサックスとユーフォニュームの旋律が印象的な心にしみるような2曲目。3曲目はとにかく快活で踊りたくなるような曲。悲しげな雰囲気の中に優しさを感じる4曲目、そして5曲目は鐘の鳴り響くなか、楽しく軽やかに歌いあげる曲です。コンクール等では5曲の中から選択して使って下さい。とても演奏効果の高い曲です。(I:2'10"、II:2'30"、III:2'10"、IV:3'20"、V:2'30")
シェイクスピアの詩による3つの歌
とてもミステリアスな1曲目は中間部に大きく盛り上がり、静かに終わります。2曲目はレントですが音楽に前進性と重みのある曲です。そして3曲目は1・2曲目とは全く違う快活な曲で、しっかりとクライマックスをつくれます。コンクール等でも最適な曲です。(I:2'50"、II:1'40"、III:0'50")
3つのエリザベスの歌
美しい旋律でやわらかな1 曲目のSweet day、2 曲目のThe willow song も流れの美しい曲ですが起伏があり歌いこめる曲です。3曲目はleggiero で快活な曲O mistress mine です。技術的には平易ですが演奏効果の高い作品です。(Sweet day 2'20"、The willow song 1'50"、O mistress mine 0'50")
4つのパートソング より
木管中心にまた金管中心にといったオーケストレーションの変化がある曲です。2曲目は音楽の前に進む力のある曲で、3曲目は力強く始まり、そのエネルギーは複雑に絡み合いながらクライマックスを築きます。(I:3'30"、II:3'30"、III:2'30")
古代ギリシャ詩歌集による 5つのパートソング
1曲目、力強いフレーズを説得するように歌い上げる曲です。2曲目はどことなく可愛らしい曲です。フルート・木管バス・トロンボーン・打楽器が入っていない曲です。3曲目は踊りを思わせる曲で明るい雰囲気があります。4曲目の金管群で始まり、やさしく終わる短い曲があり、5曲目全体が大きく歌い上げ、変化しながら力強く終わります。(I:1'20"、II:0'50"、III:1'35"、IV:0'55"、V:1'40")
絵の暦より
フランスの作曲家グロヴレーズのピアノ曲「絵の暦」から、8曲ある中から3曲で構成しました。弾みのある軽やかな1曲目の「ロバ」は途中にアルトサックスやユーフォニウム、フルート等がソロ的に活躍します。2曲目「イエスの小連祷」はとにかく深く歌い込める、美しく音楽の力のある曲です。最後の3曲目「狩人の歌」はマーチのような曲で、長いフレーズを持っていますが弾みもあり、力強さも感じられます。(ロバ:2'00"、イエスの小連祷:2'00"、狩人の歌:1'40")

[次頁>>]